2017年最新スマートウォッチ5選の機能を徹底比較!!

f:id:naha000:20170607192847j:plain

 

スマートウォッチを1年以上使用してみて、あったら便利な機能や、逆にあまり使用しない機能などがわかってきました。そんな私が2017年の最新スマートウォッチの機能をまとめました!  

 

私は1年以上前にPebbleを購入してから、今でも毎日身に着けています。

睡眠時間や活動量のトラッキングや、LINEや予定の通知など非常に便利で手放せません。

しかし1年も経つとスマートウォッチは更なる進化をしてきているため、買い替えを視野に2017年現在でどんなスマートウォッチがあるのかをまとめてみました。

みなさまのご参考になれば幸いです。

 

2017年最新スマートウォッチの機能比較表

私が勝手に主要だと思う5種類のスマートウォッチについて機能を比較しました。

一概にスマートウォッチといっても、それぞれ特徴があります。

この比較表では、左側がより多機能なデジタルガジェットで、右側がよりアナログ時計に近い感覚で使用できるものというようにまとめました。

f:id:naha000:20170607204632p:plain

  Apple Watch
Series2
Pebble Time
Round
fitbit
alta HR
Withings
Steel HR
SONY
wena wrist
価格
(税抜)
37,800円 13,000円程度〜 23,790円〜 24,800円〜 42,800円
重さ 28.2g
(バンド除く)
28g
(バンド除く)
22g 49g
(バンド除く)
131g
38/42mm 38mm 15mm 36/40mm 42mm
厚さ 11.4mm 7.5mm 13mm 13mm 9.7mm
バンド幅 14/20mm 20mm 22mm
連続動作時間 18時間 2日間 7日間 25日間 7日間
電子ディスプレイ
タッチパネル
電子マネー
(Suica)

(Edy、iDなど)
耐水性
GPS
活動量計
心拍計
睡眠分析
目覚まし
通知
(振動)
通知
(ディスプレイ)

 

Apple Watch Series2

f:id:naha000:20170607193633p:plain

Apple Watchは誰もが知っていますね。

Series2はSuicaに対応し話題になりました。CMなどでもよく見かけましたし、街中でも着けている人を見かけると思います。

他のデバイスと比較してももっとも多機能で、GPSが搭載されているのでスマートフォンを持ち歩かずにランニングをしても、距離やルートをトラッキングできる点がいいですね。

電池が18時間しか持たない点がマイナスですが、毎日充電するのであればそれほど気にならないかもしれません。

個人的には、腕時計の文字盤は丸い方が好きなので、買い渋っています…。

 

Pebble Time Round

f:id:naha000:20170607193725j:plain

私は1年以上このスマートウォッチを使用しています。

2016年12月頃にPebbleはFitbitに買収されてしまい、2017年中はサポートすることを発表していますが、ファームウェアの更新はなく、買い替えを検討する大きな要因となりました。

http://healthcare.itmedia.co.jp/hc/articles/1612/23/news005.html

 

Pebbleでできることは多くありませんが、私が求める機能がきちんとあり非常に満足しています。基本的には、時間を確認したり、通知を確認したり、カレンダーの予定を確認したり、睡眠管理と目覚まし時計くらいしか利用しません。

Pebbleは電子ペーパーのように文字盤が常に表示されていため、時間を確認する際に嬉しいです。

また、タッチパネルはついておらず4つのボタンで操作を行いますが、もともとディスプレイが小さいのでボタン操作のほうが使いやすいのではないかと思います。

あと、文字盤が丸いのもキュートです。

fitbit alta HR

f:id:naha000:20170607193847j:plain

Pebbleを買収したFitbitです。

スマートウォッチというよりもフィットネスバンドとの位置づけだと思います。

Fitbitはこれ以外にも多くのフィットネスバンドを出していて、世界中で人気があります。

よく運動して活動量や心拍数を記録したいという方には、非常にオススメです。

 

 

SONY wena wrist

 

f:id:naha000:20170607194148p:plain

wena wristは、他のスマートウォッチとは異なります。それはスマートなのは文字盤部分ではなくバンド部分だということです。

バンド部分に電子マネーEdy、iDなど)や活動量計、通知機能が搭載されています。

バンド部分なので、いまお使いの腕時計のバンドをwena wristにすることでスマートウォッチ化することも可能です。

 

おわりに

スマートウォッチとしてもっとも多機能なApple Watchから、文字盤は従来の腕時計のままであるwena wristまでを紹介しました。

デジタルガジェットが好きな方も、アナログ時計が好きな方も、それぞれ気になったスマートウォッチはあったでしょうか?

ぜひ一度試してみてください。きっと手放せなくなりますよ。